遮熱性に優れ、夏に涼しく、美しい仕あがりのサーモアイ



トップメーカー「日本ペイント」の

太陽熱高反射塗料(遮熱塗料)

「サーモアイ」

遮熱効果を最大限に生かす職人作業を見る

 

実体感による評判が数多い、塗料トップメーカーのこの塗料で、
ぜひ2階部屋の室温変化を体験してください。

遮熱塗料による塗装作業の動画集






遮熱性能を最大限発揮させるために、
資格業者の施工が必要な4つの理由。



屋根の下塗り・中塗り、上塗りすべてに高反射性能。

ハイスペックな屋根の節電塗装・遮熱塗装が完成します。

真夏の家の屋根裏では、21.6℃の温度差も。

真夏の炎天下、子供が裸足で歩ける屋上を実現!

真夏の暑い2階部屋。

太陽光の暑い赤外線を高反射して、冷房費の節電。

ヒートアイランド、地球温暖化対策に貢献します。

ウレタン・シリコンとフッ素の3種類で、

遮熱性能を維持する耐久性もアップしています。

太陽光線中の赤外線を、反射により大幅にカットする太陽熱高反射塗料による屋根塗装は、従来塗料と比べ、

屋根表面で-15℃、天井裏で-10℃、室内空間で-7~9℃

の気温カットが実証されています。

家・工場にもどちらにも対応できます。

 

特に家の場合は外壁塗装をキルコートやガイナなどの断熱塗料にして、家全体の節電塗装にすることもできます。

遮熱塗装 現場からの作業報告

震災の影響で節電の重要性が問われる中、工場でも・・・

四季の移ろいと日本独特の気候風土が育くんだ製品づくりも、周辺地域のヒートアイランド化により、夏の工場内の気温もヒートアップし、悲鳴を上げるようになってしました。

夏は最高気温が35度を超えることも珍しくなく、そうした気候は年間10万Kwhに及ぶ電力消費につながり、「省エネ10%達成」への悲願のもと「遮熱塗料の導入」による、工場の全面塗り替え施工に踏み切る会社も多くなり、私たち塗装職人の元にも節電塗装の相談も増えてきています。

さらに東日本大震災による福島原発の停止の影響は多大で、夏の節電対策は大きな課題となって、事業者の負担になってきています。

多くのメリットをもつサーモアイの特徴

地球温暖化対策に貢献地球温暖化対策に貢献

厚生労働大臣が認める塗装技術をもつそれぞれの職人、また神奈川県知事から塗装店として長年の工事実績が証明されているなど、私たち神奈川県の横浜塗装職人では、先進的環境技術のひとつである遮熱塗料の日本ペイント「サーモアイ」をお客さまのご要望に合わせて率先して使用しています。

この塗料は、一般の家だけでなく企業レベルでも地球温暖化対策を支える地球環境にやさしい次世代の遮熱塗装です。

太陽光高反射塗料太陽光高反射塗料

サーモアイは、太陽光の50%を占める赤外線を反射、日射エネルギーの50%分を遮熱し、それにより室内空間で-7~9℃、気温を下げることができます。 屋上のコンクリートテラスに塗れば、小さなお子様も裸足で遊ぶことができます。

従来塗料との画期的な違い従来塗料との画期的な違い

遮熱機能を主に上塗りに頼っていた従来の遮熱塗料と違い、下塗りにも遮熱技術を利用、従来と同じ工程の中で、遮熱性能を向上させました。また、上塗りの塗料にも新技術を採用し、従来と同じ作業において、上塗り・下塗りともに、遮熱性能を向上させました。

ヒートアイランド抑制に貢献ヒートアイランド抑制に貢献

太陽光中の赤外線を反射・拡散により建物表面温度を下げ、室内温度を7~9℃、下げることができます。そうした温度低減効果により、都市のヒートアイランド化を抑制します。

家計にもやさしい経済性家計にもやさしい経済性

特に夏の消費電力が減ることで、節電になり電気代も安くなります。

大きな工場などの消費電力の保全建物のみならず、一般住宅における家計にも大きく貢献するものです。ペットや観葉植物を置く家の玄関先や、小さな子どもが遊ぶ屋上のコンクリートテラスに塗れば、冷暖房を節約できます。

豊富なカラーバリエーション、屋根×外壁の色組み合わせは自由です。

一般住宅用スレート用サーモアイ4F、Si、UVはカラーバランスを重視した24色。これにさらに工場・倉庫などで人気の16色を追加しました。

JIS法に基づいた実験結果JIS法に基づいた実験結果

実験結果は、条件によって大きな違いが出ます。日射反射率についても、どのような測定方法でおこなうかが重要になってきます。サーモアイのデータ算出に当たっては、「JIS K 5602」法に従いました。サーモアイは「日射反射率保持率」について、JIS法に基づき、茨城県筑波市試験場において、2年にわたって実験をおこないました。

日射反射率、遮熱性能に関する長い持続性サーモアイは、長期にわたって遮熱性能を維持し続けます。

遮熱性能は、汚れの付着などにより色相が変化することによって低下するものです。

日本ペイントのサーモアイは、2年にわたって90%以上の保持率を維持、JIS法に基づく算出による安心の実験結果です。

サーモアイは、湿気や雨などから家を守るという塗装本来の役割を保ちつつ、なおかつ長期にわたって、日射反射率、遮熱性能を維持し続けるものです。

もちろんその前提として、丁寧な工事が求められます。
塗料の薄めすぎをするなど、コストを無理にさげるような施工では、長期の遮熱性能は維持できません。

神奈川の横浜塗装職人では、屋根面積に適した塗料缶数をお客さまに提示し、ていねいな作業のもと、確実に冷房費の削減ができるような生活環境を実現しています。

環境省環境技術実証事業によって、その効果は既に実証されています

環境技術実証事業は、有用と思われる先進的環境技術に関して、客観的な効果等への評価を行い、消費者等のエンドユーザーが安心して使用できるようにするために、環境省主導のもとに作られた機関です。

サーモアイの効果は、この事業の「ヒートアイランド対策技術分野において、「建築物外皮による空調負荷低減技術(平成20年度)」として、すでに実証されています。

用途に合わせて幅広いラインアップを用意!用途に合わせて幅広いラインアップを用意!

サーモアイシリーズでは、用途に合わせて、さまざまなシリーズがあります。 用途や耐性に合わせて、選ぶことができます。

またサーモアイ以外のエスケー化研のクールタイト、アトムのバリアルーフ、日本特殊塗料のパラサーモなどの遮熱塗料の施工はもちろんのこと、ロンシールの遮熱防水工法、ダンネツトップなどの屋根遮熱葺き替え工事も可能です。

既にさまざまな場所で活用既にさまざまな場所で活用

サーモアイは既にさまざまな場所で活用、そこで測定された気温は、そのままサーモアイの効果として実証されています。

特に空調にかかる大きな電力消費に悩む広い工場内においては、サーモアイは無くてはならない夏の気温に対する攻防となって、闘い続けています。

お見積り

対応クレジットカード一覧